2019年 中学受験日記

2019年 中学受験をする息子の日常あれこれ

久々すぎる更新( ;∀;)

はてなブログさんから、前回の更新から1ヶ月経ったので、ブログ更新しませんか?と先日お知らせのメールがスマホにきました。

そっかぁ、もう気がついたら1ヶ月という月日が流れていたのねー。

何だか色々あった1ヶ月。

まず、わたしの体調が絶不調😵ちょっとの体調不良を契機にあれよあれよと咳ぜんそくへ悪化😱

2週間くらい夜中の強い咳が止まらずに、まともに眠れない日々が続く…

その間、息子氏、塾の成績が絶賛下降😵😵

負のスパイラルにハマった感をビンビンかんじてました。

からの、学校でのトラブル😭

トラブルっていっても、息子氏は被害者😅

大事な組み分けテスト直前に面倒くさーい事に時間を割く羽目になり親子で疲弊…😩

良いことはあったのか??

あっ!書写展で息子の書道が入賞した‼️くらい🤔普段汚ったない殴り書きみたいな字をかいていて、YTとか組み分けの漢字でトメ ハネ はらいがきちんと書けていなくてペケとか普通にあるんだけど、ちゃんと字、書けるんじゃん💢

 ここまで前回のブログ更新から約1ヶ月過ぎた時点で書いて保存😅

 その後11月の組み分けテストの結果😵

あと1問正解していたら1000番以内でSSクラスに存続できたのに~~😭😭😭

卑弥呼 を卑弥子って😱この漢字さえ間違えずに書けていたらクラス落ちしなかったのになぁ😓

まだ塾から連絡はきてないけど、クラス落ち決定‼️‼️

今の算・国の先生が大好きで、先生変わりたくない…クラス変わりたくない…もう塾辞めたい…そんな事言ってます😅😅😅

 中受に関しては息子の意見を尊重する方針なので、本当にこれを機に塾をやめるかもしれません。どうなるのでしょう⁉️

 と、ここまで書いてさらにまたまた保存してました…

 それから、な、なんと‼️

国語の記述問題の解答で部分点がもらえる事が発覚‼️(先生がもう一度解答を見直してみて下さい、とおっしゃってくださらなかったら😱本当にありがたかったです😊)

プラスの得点を頂きました‼️

首の皮一枚つながった~~👍🏻👍🏻👍🏻

SSクラスに存続です😭

YTのクラスも復帰して、一先ず仕切り直し。

これが良かったのか、悪かったのか正直わかりません…が、モチベーションが下がることなく勉強に取り組めるということで、良かった😊

今週末は学習発表会にYTにピアノのグレードテスト🎹

忙しいけれど、頑張りましょう💪🏻


にほんブログ村

その後のこと

なかなか書けずにいたこのブログ…ようやく気持ちが落ち着いてきたので、記録として書くことにしました。

一言でいうと、かなしい😭ほんとに。

私以上に息子の方がもっともっと悔しくてつらいのだろうなぁ。

前回の組み分けテスト、志望校判定テストに続き、またまたやってしまった😰

勉強をしなかったわけじゃない。

週テストも悪かったわけじゃない。

宿題もしっかりこなした。

勉強方法が悪かったのだ。ただただこなしていただけの勉強になっていた😥

のと、更にテストでは数々の凡ミスが重なった。問題文をしっかり読まず、早とちりして解答したり、問題用紙には正解を書いているのに、解答用紙には違う答えを書いたり。

得点源としての社会も、歴史になった途端ボロボロ…😱全く興味が持てない…とか。

国語は相変わらずだし😓

 

今回の組み分けは平均点も高かったし、何よりSコースのボーダーが高かった😵

周りのお子たちの気合いが感じられたテスト結果だったと思います。

 

と言うわけで、我が子、1000番以内はおろか、YTもコース落ち😵Cコースの時は8割ほど表彰されていたというのに😓

次回、また同じ失敗したら、今度はSSからもクラス落ちになっちゃう〜〜😱😱😱

さすがにそれだけは回避したい‼️

次の組み分けテストまでには、今までの反省を生かしていい結果を出せるように頑張るしかない‼️

 あと、前回のオーディションは無事に合格!!

息子氏は、リズムも強弱もミスなく、パーフェクトだった😊との評価。

しかし、1名の合格者だったはずなのになぜか2名に💦

なんと‼️突然受けたソロの子も合格💧

強弱もなくて、微妙にミスもあったけど全体的にリズムは良かった。プラス、叩き方が良かったから😮だそうです。たたき方が良かったって⁉️祭りの太鼓じゃないんだからさー(笑)どうしても、この子を前面に出したいという思惑が満載です…

最初から出来レースだったんでしょうね。

減点する所がなかったから、息子を落とすこともできなかったのでしょう。

よく分からない学校の対応にはウンザリしてるけど、とりあえず息子が合格したので良かった、という事にします🙂

学校の態度が変なだけで、ソロの子が悪いわけではないしね。

 それでは次回の組み分けに向けて、コツコツと地道に頑張るのみ‼️


にほんブログ村

オーディション

中受に特化した息子氏の日常ブログだけど、今日は学校でのことを書きます。

書きます!!なんて宣言する必要もないけれど、ブログって誰にも見せない日記ではなくて、一応不特定の方々がご覧になっているものなので…今日はわたしの独り言…まあ自分のブログなんだから何を綴ってもいいのですがね(^_-)-☆

 今日は学習発表会に演奏する曲の、リコーダーと鍵盤ハーモニカ以外の楽器のオーディションがありました。

まず、このオーディションを受けるためには、リコーダーもしくは、鍵盤ハーモニカのテストに合格しなければなりません。

とかいって、特段大袈裟なテストではなく普通に練習して、普通に合格します。(それでもまだ合格していない子もいるそうですが…)

という段階を踏むのが通常です。

この演奏曲のオープニングに、一際目立つ鍵盤ハーモニカのソロパートがあります。音楽の先生のお気に入りの子がいて、夏休み前から普通の鍵盤ハーモニカよりも鍵盤数の多い特別な鍵盤ハーモニカを渡し、その目をかけている子に「あなたにはソロやってもらうから、練習してきてね」と言ったそうです。(えー、そんなのありなの⁉️)

ソロと言っても、難しいわけでもなく、その子じゃなきゃダメというものでもない。

他の子供達はちゃんと楽器のオーディションを受けて、やりたい楽器を勝ち取るのに、無条件でソロ!!なんて、まさにこれはえこひいきです。(だよね⁉️)

このソロパートだって、オーディションで選考すべきではないのか、と思うのです。

で、普通であれば、こんな話くらいでここまで目くじらもたてないのですが、なんと!そのソロパートやる子が、ウチの子がやりたい楽器、小太鼓のオーディションに突然今日参加してきたのだ、という流れになって😱

じつはこの子、キッズミュージカルの舞台に立つリズム感抜群の子。キレッキレのダンスを踊り、タップダンスも軽快にこなす。もし小太鼓合格したら、鍵盤ハーモニカのソロもやり…って、こんなの平等じゃないじゃーん‼️

息子、この日の為にどんだけ練習してきたっていうんだぁー‼️中休みも昼休みも、そして、朝起きたら計シリもせず、塾帰ってきてから夜も遅くまで…よりによってなんでそんなソロやっちゃう子が、わざわざ小太鼓を受けるんだよぅ😭(あぁ、小太鼓はリズム感ないと叩けないもんね。きっとその子はすぐ習得しちゃったんだろうね…)

息子氏を含めて9人が挑んだ小太鼓オーディション…ソロの子が受けてこなければ自信満々だった息子氏。明日の朝に結果発表らしいです。そして、言わずもがな、小太鼓の合格者は1名。ママは祈るしかないッッ😓

もしダメだったとしても、こんなことくらいで落ち込まずに前を向いて欲しい‼️

なぜなら日曜日は組み分けテストだから〜〜(笑)


にほんブログ村

やる気のない息子は今後頑張れるのか…

先週土曜日はとても天気が良く、無事運動会が開催されました。今年度もリレーの選手に選ばれて、頑張っていた息子氏。毎年「今年だけだよねー」「今年で走り納めかなー」といった会話のやり取りが我が家で繰り広げられるのですが、なぜか毎年リレ選に*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

というわけで、運動会の為、第4回YT週テストは欠席でした。

今週末はもう組み分けテストだわ〜😂

最近、やる気が下降気味。時間があればすぐ近所の友達連れてきて遊んでいます。そして、友達もなかなか帰りません‼️

中受組とそうでない子の時間の使い方って全然違うんだなぁと改めて感じました。

そうだよね。塾の宿題も無ければ、テスト対策の時間も必要なし。自由な時間はたっぷりあるんだよね。逆を言えば、なんでそんなに勉強してるんだろ⁉️とさえ思われているかも。ウチの子も塾に行っていなければ、私もきっと中受する子に対して同じように思っているかも知れない。

ともかく、思い出すことすらしたくはないのだけれど、前回受けた志望校判定テストが、受け入れられない程、非常に悪い結果だった。

正直、我が子の成績なのかと疑ってしまうほど😭

しかし、これが今の実力なのでしょうね。 

この結果をしっかり受け止め、今後の勉強の仕方を見直していく必要性を感じました。


にほんブログ村

第3回YT週テストとか志望校判定テストとか 息子の週末あれこれ

まず、土曜日にあったYT週テスト。

算数8割 国語6割(-_-;) 理科9割 社会9割

の結果。国語…いつもながらの低得点。

帰宅して1週間の疲れ(運動会リレー練習や学習発表会に向けての楽器練習や代表委員の活動などなど…)がどっとでたのか、この日は早めに就寝。翌日の朝早くからの志望校判定テストに備え、ほぼ対策をすることもなく寝ることに。

 

そして迎えた日曜日。志望校判定テストって、算数だけは事前に塾で過去問を解かせてもらったけれど、他3教科はどんな出題形式なのか、問題数がどれくらい出るのか、そして難易度はどの程度なのか不明のままで受験。

テスト終了後、息子の話だと全体的に難しかったと。社会は難しいうえに見直す時間がほぼ無かったし、理科は勉強したことを忘れてしまっていて基本的なことすら解答できなかった…。国語は言えないほどの得点…算数は他の科目に比べればできた方。とのことで、帰宅後わかる範囲で自己採点してみたところ、絶句でした…(T_T)

こんなんで、大丈夫なんだろうか…。テスト中寝てないよね?!まずい。実にまずい。今まで費やしてきた勉強時間、塾や家庭学習や講習会や色々ひっくるめて、まるでなかったことになりそうな位の得点。

今後出る結果を知りたくないなぁ。

昨日は志望校判定テスト後、労作展へ行きました。

文化祭ではなく、自分で決めたテーマを長ーい時間をかけてこつこつと論文や作品に仕上げ、それを展示するという展覧会です。1点1点、じっくりと取り組んだ軌跡が見られる素晴らしい作品ばかりでした。評価の高いものには賞の札がつけられていましたが、わたしからしてみたら、賞などつけることができないくらい、どれも遜色なくすべてが立派な作品でした。しかし、生徒一人だけで作り上げた…というものではなく、親だったりアトリエの先生だったり(工作作品の場合)、これは第3者が関与しないとちょっと無理だよね、サポート必要だよね…といった側面も垣間見れました。大型の作品になると、おそらくその作品自体を学校まで運んでくる親のお手伝いも必須でしょう。すべてひっくるめて、私立だもんね、慶應だもんねー。で丸めてしまった自分がいました(笑)でも、感動の中に、このような感情が沸き立ったことも事実でした。

校舎内はとてもきれいでした。清潔感が半端ない!他の中学の文化祭みたいに飾りつけをしていたり、ビラを配ったり、飲食店の出店があったりというゴミが出てしまうイベントではないので、清潔感が出るのは当たり前といえば当たり前なんでしょうけれど。

この秋は、さまざまな学校を見学し、中受勉強も引き続き頑張り、定期のテストや模試などの結果を見ながら、6年になるまでにしっかりと志望校を決めていきたいと思います。

あー、でも志望校判定テストの結果が怖いー( ;∀;)


にほんブログ村